バックパッカーになるのは社会人からで間に合う。

『今週末は東南アジア方面にちょっと行ってくるわ。。。』そんなこと言える世の中が来てるらしいです。

2016年4月30日 ボルネオ島3日目ガサ島とサピ島とマヌカン島

(2日目についてはこちら→2016年4月29日 ボルネオ島2日目キナバル山とポーリン温泉 - バックパッカーになるのは社会人からで間に合う。

 

というわけで、ボルネオ島3日目についてカキコ(死語?)します。

 

3日目はガサ島とサピ島とマヌカン島へ!

昨日はキナバルレンタカーの旅という「THE 山」な1日でした。今日は言ってしまえば「THE 海」な1日となります。

 

 

まずはジェッセルトンポイント港へ

バックバッカーズホテルから歩いて大体10分で辿り着ける港。ジェッセルトンポイント港に向かいます。

f:id:krymeita:20160523221404p:plain

朝ご飯はその途中のパン屋さんへ。最初に言っておきますが、パサパサの生地でパンというより全体的にパイ。

んーおせじにも美味しいとは言えないですが、腹ごしらえには問題ありません!

 

f:id:krymeita:20160523221413p:plain

ジェッセルトイン港に着きました。といっても、市街地からほぼ徒歩で10分。大型ショッピングセンター「スリア・サバ」からは5分くらいで着きます。

 

チケット売り場で一苦労。

勿論、今回もツアーでは行っていないため、ここでも一苦労。なにせ、普通の日本人感覚であればフェリー乗り場に着いた後の行動といえば、「カウンターに行く→チケットを買う→時間まで待機→さぁ乗船!」ってなもんなはずじゃないですか。

 

もちろん、ここでは違うんです。何が違うって・・・

 

f:id:krymeita:20160523221434p:plain

ずらーっとならんだこちらのカウンター・・・

 

・・・全部、別々の船会社のチケット売り場なんです!もちろん、会社は違うからチケットも乗るボートも別。なのに、行き先はほぼ「サピ島とマヌカン島+α」

 

・・・なんだ、この旅行者泣かしは・・・。

 

しかも、ですよ。このカウンターの人たち、全員が全員、こっちを見ながら「HEY!ココダヨ!オ客サーン!(脚色あり)」と言わんばかりにこっちに話しかけてくるではありませんか!その様と言ったら夜の歌舞伎町のよう!(お客さーん、温っまってるよー!)

 

とりあえず、チケットゲット

ということで、とりあえずチケットゲットです。

カウンターナンバー6の「Sunny Rainbow」という船会社のチケットにしました。

なぜかって?勘です。

っというのは半分冗談ですが、乗船時間がすぐだったのと、団体客が他に少なそうだったのと、いう理由で選びました。

「ここが絶対おすすめ!」というわけではございませんが、色んなカウンターの人と交渉してその都度あった船会社を選ぶのがいいと思います。

f:id:krymeita:20160523221446p:plain

 

いざ乗船

さぁ、いざ乗船です。

定刻になりましたらイカつい兄ちゃんがチケット売り場前のイスで待っている私たちを呼んでくれました。

f:id:krymeita:20160523221512p:plain

いざ、港へ。

f:id:krymeita:20160523221525p:plain

さぁ!乗船!海賊王におれはぁー・・(略)

 

島の回り方は「ガヤ島→サピ島→マヌカン島」です。これはチケットを買うときに選ぶ、あるいは、勝手にそのチケットを買わされてるのでチェックしてください。

 

まずはガヤ島

一番最初にきた島はガヤ島!この島、とくになにが特徴ってわけではございません!海がすごく綺麗なわけでもなく、島がすごく綺麗なわけではなく、ただただ何も特徴がない!

というわけで、すこぶる人が少ない!!っというスーパーメリットがあります。

 

事実、最初の船でこの島に降りた人間は私たちだけで、浜辺は完全に他に人がいませんでした。

とはいえ、海も透き通ってはいますし、魚もいますので思い切り遊びたい人にはおすすめです!

下の写真が、ガヤ島です。いかがでしょうか?人がいない\(^o^)/

f:id:krymeita:20160523221537p:plain

 

2番目はサピ島へ

さぁ、11時に船に乗る約束をしておりましたので、11時に桟橋港に戻り、乗船。その後にサピ島へ向かいました。

(向こうの人は時間にルーズなので、実際には15分くらい桟橋にポツーンでしたが・・・)

f:id:krymeita:20160523221547p:plain

さすがサピ島です!

人!人!人!

観光客ばかりです。

 

それもそのはず、確かにサピ島が一番魚も多く、シュノーケリングにはもってこいな気がします。

残念ながら海のなかの写真はございませんので、ぜひ、現地で確かめてください。

f:id:krymeita:20160523221603p:plain

天気がすこぶる良い!恵まれました!

 

さて、サピ島にはジャングルトレッキングなるコースがございます。

f:id:krymeita:20160523221619p:plain

こんな感じのジャングルチックな道をひたすら進むわけです。すぐ隣には海があります。もう、冒険の匂いがプンプン丸ですね〜。

 

っと!

いました!

奴が!!!

f:id:krymeita:20160523221631p:plain

オオトカゲくんです!ギョギョ!!(あれ?)

 

このように野生のオオトカゲに出会えるかもしれないのがサピ島。表面はバイ菌だらけだそうで、くれぐれもいても触らないでそっとしてあげてください。

 

f:id:krymeita:20160523221645p:plain

トレッキングコースの端っこは当たり前ですが、海。こちらは砂浜ではなく岩場と海。んー大自然感。

 
3日目の島、マヌカン島へ

次の約束時間である13時にマヌカン島行きの船に乗りました。文章にするとなかなか伝わらないのですが、島から島への移動は正直、一苦労です。

 

そうです、さっきのたくさんの船会社。来るフェリーがどこの会社のものかマークがほとんどないため、観光客はほぼほぼよくわからず、そこらへんのおじさんに声をかけて自分の船を見つけ出すしかありません。

移動は、集合時間+30分はかかると考えてください。

 

そんな愚痴はともかくとしてマヌカン島へ到着。ここまでで大体最初にガヤ島に着いてから3時間近く立っております。

 

お昼も過ぎており…

お腹が空いた!

 

もはや、海とかどうでもいいのでご飯が食べたくなる。マヌカン島のいいところはある程度の施設が揃っているくらいちょい広い点です。

 

f:id:krymeita:20160523221701p:plain

島のレストラン(と言っても一つ)へ。暑さの中でのむパインジュースの美味しさたるや・・・うまし!

f:id:krymeita:20160523221713p:plain

早くも、ご当地飯にちょっと飽きてきた私はハンバーガーを頼みました。いいんです。こういうものを食べたっって!

 

そんなこんなであとはマヌカン島で涼みまくった後に、ジェッセルトン港に戻っていったわけであります。

 

 

単純に自分が回った経路をオススメするだけなのですが、この回り方は本当におすすめです。

 

●9時 ジェッセルトン港

9時半 ガヤ島へ ここでは海で泳ぎまくる。

11時 サピ島へ ここでも海で泳ぎまくる。

         さらには山にも登りまくる。

13時 マヌカン島へ ここではご飯を食べまくる。休みまくる。

         あ〜まったり〜

15時 帰還。

 

今日からホテルはステラーハーバー

この日の宿は、ちょっとリッチにステラーハーバーホテルへ。ここは一泊一人8,000円でした。

f:id:krymeita:20160523221724p:plain

 

夜は、こんな感じ。

f:id:krymeita:20160523221817p:plain

 

さぁ、4日目は、いよいよボルネオ国際マラソンとシンガポールです。それでは続きはまたーっといったところで。

 

(4日目についてはこちら→2016年5月1日 4日目(前編)ボルネオ国際マラソン - バックパッカーになるのは社会人からで間に合う。