バックパッカーになるのは社会人からで間に合う。

『今週末は東南アジア方面にちょっと行ってくるわ。。。』そんなこと言える世の中が来てるらしいです。

2016年5月2日 5日目(後編)シンガポール→マレーシア マレー鉄道で行く寝台列車 

(前編についてはこちら→2016年5月2日 5日目(前編)シンガポール観光 - バックパッカーになるのは社会人からで間に合う。

 

時刻は16:00くらい。そんなこんなで早くも5日目夕方にシンガポールを脱出し、マレーシアに向かうことになりました。

 

今回のゴールデンウィーク旅行の最大の目的は「マレー鉄道に乗ること」です。更には、マレー鉄道にせっかく乗るのだから、「夜行列車にも乗りたい」と思っていたわけであります。

f:id:krymeita:20160530193814p:plain

そもそもですよ。マレーシアからシンガポール行き、あるいは、マレーシアからバンコク行きのブログ記事は結構見るのですが、シンガポールからマレーシアって旅行前はあまりなかったんですよ。なので、「だったら自分達で確かめるか」ってなもんで今回マレー鉄道夜行寝台列車の旅(シンガポールクアラルンプール)を思い立ったのです。

 

ちなみにシンガポールのタクシーの運ちゃんにそのことを伝えたら

「え!マレー鉄道乗るの?!バスの方が絶対いいよ!電車臭いよ!

と謎アドバイスをもらっております・・・。

 

シンガポールからマレーシアまでの国境越え

マレー鉄道に乗る為に、マレーシア最南端にあるジョホールバルという都市に行く必要があるのですが、その前にあるのがイミグレーションです。国をまたぐわけなので、きちんとシンガポールからの出国審査とマレーシアへの入国審査が必要なわけです。ただ、この二つの審査をする建物は離れているので、シンガポールを出国するのに一旦バスを降りて、出国審査が終わったは完全に”なんの国でもないエリア”をバス移動することになります。(と言っても、大きな川に架かっている橋の上を移動するだけです)
 
シンガポールからJBセントラル駅までの全体の流れとしてはこんな感じ。

f:id:krymeita:20160530193634p:plain

  1. ブキス駅近くのバスターミナルで「JB(ジョホールバルセントラル駅」までのチケットを購入。
  2. ウッドランド(シンガポ)という街で一度、バスを降ろされる。そこにある建物でシンガポール出国手続き。
  3. 出国手続きが終わったら、またバスに乗って、JBセントラル駅(マレーシア)へ向かう。
  4. JBセントラル駅に着いたら、マレーシア入国審査。
  5. 入国審査が終わったら徒歩5分くらいでJBセントラル駅に到着。
 
ざっと流れを書くとこんな感じです。ブキス駅からシンガポール出国エリアまではおよそ40分くらい。”3”でまたバスに乗りますが、ここは10分もあれば到着するそうです。 
 

いざ、シンガポールからジョホールバル

我々がまず向かったのはシンガポールのブキス駅とラベンダー駅の間にあるバスターミナル。名前は「クイーンストリートターミナル」。

2個くらい前の記事でも書きましたが、ここでラベンダー駅近くのボスホテルに泊まっていたことが、大いに役立ちました。なにせ、ボスホテルから歩いて10分ほどでいける距離にバスターミナルはあるわけですから。

f:id:krymeita:20160530193747p:plain

荷物を持って、バスターミナルまで近づくと係員らしいおじさんがこちらを見ながら手招き。「ジョホールバルでしょ?このバスだよ、もう出るよー」と言わんばかりの説明を受け、バス料金3.3S$(300円くらい)を支払いすぐにバスへ。(・・・なので急いでいたあまりバスターミナルの写真撮り忘れました。)

ちなみにバスターミナルはいくつかのバス会社が運営したバスがあり、JB行きのバスは数種類あるので、その都度、時間にあったバスに乗るのが良いと思います。ドでかい荷物を持ってたら、自動的に係の人が「JB行きかい?」と聞いてくれるので安心してください。

f:id:krymeita:20160530194047j:plain

ここで、シンガポール赴任者の友達とは別れ、3人でジョホールバルへ向かったわけであります。 

  

まずは 、ウッドランドに到着

大体40分ほどしたところで、ウッドランドの出入国エリアに到着。

↓ちなみに乗ってきたバスはこちら。

f:id:krymeita:20160530193955j:plain

ここでは10分ほどでシンガポールからの出国手続きを終えました。その後は、また同じバス会社のバスを見つけ、JBセントラルへ向かいます。ちなみにここまで一本道なのでまず迷いませんのでご安心を。

備考としては、出国後に乗るバスは必ずしも行きと全く同じバスに乗るわけではありません。ただし、そもそもこちらが購入しているのは「JBセントラル駅」行きのチケットですので、同じ系列のバス会社であれば、チケットを見せれば乗せてもらえます。ちなみにバスはほぼ10分おきくらいにガンガン来ているイメージ

 

JBセントラルに到着

バスに揺られること早10分ほどでJBセントラルに到着です。川を渡る橋の上をバスは走っていただけでした。ほぼほぼ入国エリア付近にバスもおろされますので、安心してください。

f:id:krymeita:20160530194426j:plain

ようやく、JBセントラル駅に到着

無事にマレーシアへの入国審査も終わり、入国エリアから歩いて5分ほどでJBセントラル駅に辿り着きました。この時点で時刻は18:00くらい。本日の寝台列車の出発時刻が22:30だったので、かなり時間がありました。

 

・・・え?なんでそんな早くに向かったの?

 

と思われるかもしれません。ええ、時間読みを間違えました。

 

前回の記事にもお書きしましたが、4月29日〜5月2日はシンガポール・マレーシアともに祝日であったため、「これは出入国審査が大幅に遅れるかな。んー2時間。最悪、3時間はかかるかも」と予想し、かなり早めに向かったわけであります。結果はもちろん、この通り。おそらくですが出国審査10分、入国審査5分とかで済んでます・・・。

 

ただ、言い訳をさせてください。実際、出入国審査エリアは激混みしてたんですよ。ただしそれは、マレーシアからシンガポールに向かう出入国エリアだけでしたが・・・。どういうことかと言いますと、そもそもシンガポールで働いている人の内、結構な人がマレーシアからの出稼ぎだそうです。(賃金数倍違いますからね。)なので、祝日があると、そういったマレー人の方々は休日期間はマレーシアの実家に戻ってゆっくり休み、休日最終日にシンガポールへまた戻る、っていう人が大半だそうです。なので、我々とは逆行した動きだったんですね。(言われてみれば、当たり前だったのですが・・・気づきませんでした\(^o^)/

f:id:krymeita:20160530194857j:plain

とりあえず、早くに着いちまったわけですが、早速本日の夜行列車のチケットを購入しにチケットカウンターへ向かいいました。 ・・・っとここで問題が。

 

寝台車両チケット買えず・・・ 

なんと我々の乗りたかった時刻の「寝台車両」がすでに完売・・・

さらには、元々「折角だから1号プレミアムに乗ろう」と計画をしていたのですが、シンガポールクアラルンプールまでのマレー鉄道に「1号プレミアム寝台」は存在しておりませんでした・・・。寝台があるのは「2等寝台」のみ。

 

それでもマレー鉄道に乗ることを夢見ていた私たちは、同じ時刻の寝台ではなく、座席車両の「1等プレミアム」を購入。実はこっちの席の方が2等寝台車両より高かったので、この時点ではちょっと期待を持ちつつ、あとは出発時間まで待ち続けることに。

↓JBセントラル駅の全体です。でかい!

f:id:krymeita:20160530194930j:plain

 

JBセントラル駅観光

先に書きますと案外ジョホールバルに早く着いたのも悪くありません。なにせ、ジョホールバルは首都クアラルンプールに続くマレーシアでは2番目に大きな都市。JBセントラル駅近くには二つのショッピングセンターがあり、なかなかに時間潰しが出来ます。

f:id:krymeita:20160530194732j:plain

 

マレー鉄道に乗車

f:id:krymeita:20160530195035j:plain

 

時刻は22:00。ついにマレー鉄道が目の前に現れました!

f:id:krymeita:20160530195101j:plain

 

私たちの乗る「1等プレミアム車両(座席)」はというと・・・こちら!!

f:id:krymeita:20160530195139j:plain

 

んーなんともコメントのしづらい\(^o^)/

一言で言えば、古いです。二言目にも古いです\(^o^)/(ちょい綺麗?)

 

とはいえ、はやりそこは1等車両。一人一人の間隔も空いており、フラットとまでは行かずとも寝れるくらいには座席も倒れる仕様でした。こりゃあ!楽しみだ!(ちなみに臭いってほど臭くありません!臭いですが!・・・どっちだよ!)

 

他の車両へ観光

22:30と珍しくほぼほぼ定刻ぴったりにマレー鉄道は動き始めました

まずは、景色!・・・暗くてよく分からない。ということで、外の景色は撮ってもなにも写らないので、他の車両へお邪魔しに行きました。

 

まずは2等寝台!(本当は乗りたかった・・・)

f:id:krymeita:20160530195530j:plain

f:id:krymeita:20160530195547j:plain

こちらも案外綺麗でした!枕も結構フカフカめ。また、一人当たりに十分なスペースが確保してあるので、ここち良く寝れそうです。ちなみに下段より上段の方が安いですが、その分、多少天井が狭い気がします。乗るなら絶対に下段がオススメです。

 

続いて、2等座席!

f:id:krymeita:20160530195703j:plain

簡単にいうと日本の高速バスくらいの広さが確保されておりました。ちょこっとの距離移動ならありですが、寝台列車でこれから6時間以上かかるかと思うとちょっと窮屈かもです。

 

続いて、3等座席!

先に言いますが、写真はありません。なにせ、結構な人数が乗っておりましたので。ちょろっとマレーシアの貧困差を垣間見た気がします。 

 

深夜食登場

1等プレミアムだったせいか途中でなんと深夜食が配られました。ミネラルウォーターと菓子パンです。決して豪勢なわけではありませんが、こういう心遣い嬉しいですね。

f:id:krymeita:20160530195836j:plain

時刻はまもなく1:00といったところ。正直、それ以上はそこまでやることがなく、そのまま1等座席を最大限に下げ、就寝しましたとさ。

 

KLセントラル駅に到着

時は流れー・・・時刻は朝の6:30ほど。やっとこさ着きましたよKLセントラル駅!なんとマレー鉄道に8時間くらい乗ってたわけであります。

 

マレー鉄道中は途中で何度か起きましたが、なかなかに日本では味わえない非日常感たっぷりでかなり楽しめました!ご家族や恋人と行く人には勧めませんが、友達や一人旅行で”経験第一”で旅をしたい方は是非乗ってみてください!

私もまたもう一度乗りたい!!・・・なんてことはなく、多分もう乗らない気がしますが!\(^o^)/笑

 

経験したことで気づいたマレー鉄道夜行列車の注意点

注意点というか、補足事項ですが、気づいた点をいくらか。 

 

  • JBセントラルーKLセントラル間のマレー鉄道に1等寝台はありません!
  • トイレはかなり汚いのでJBセントラル駅でお手洗いは済ませましょう!
  • コンセントはありません!充電はその前にしっかりと!
  • 夜中2時以降は極寒の寒さです!ここはシベリアか!?
  • 移動手段としてはお勧めしません!それなりの御覚悟を!
  • 寝台車両じゃない場合、枕はありません! 

 

ざっとこんな感じでしょうか。最後にちょいとネガティブなことを書いてしまいましたが、経験や、今後の話のネタにはなりますので、ぜひ、一度はマレー鉄道寝台列車の旅を遂行してみてはいかがでしょうか

 

ということで、今日はここまで。

明日からいよいよ、6日目マレーシア旅行の旅が始まります!

 

※10月1日更新:すみません。6日目の更新いまだに出来てません・・・。